記事一覧

ジェラルド・ジェンタ個人所有のロイヤル オークが2022年5月にサザビーズで販売予定

ロイヤル オークの新記録樹立なるか?

一部の専門家が"史上最高のパテック フィリップ"と呼ぶ時計を販売したサザビーズが、時計デザイナー、ジェラルド・ジェンタの遺産を中心としたオークションを2022年上旬の開催を発表。コンビのオーデマ ピゲ ロイヤル オーク Ref. 5402Aを筆頭に数々の品が出品される予定だ。

ジェラルド・ジェンタの妻でビジネスパートナーだったイヴリン・ジェンタ(Evelyne Genta)氏が、現在管理しているジェンタの遺産からオリジナルの時計デザイン、スケッチ、水彩画など100点が集められ、ジュネーブ(2月10~24日)、香港(3月10~24日)、そしてニューヨーク(4月13~27日)で行われるオークションで落札される予定だ。サザビーズは、これらをまとめて「Gérald Genta Icon of Time Sale」と呼んでいる。2022年5月、ジェンタの故郷ジュネーブで年2回開催されるサザビーズ「Important Watches Auction」で、ジェンタが個人所有していたロイヤル オーク(エスティメートは30万〜50万ドル、約3400万〜5700万円)の販売ですべてが締めくくられる。

偶然にも、この年はロイヤル オークにとって特別な年だ。1970年にジェンタによって考案されたロイヤル オークがリリースされたのは1972年のこと。つまり2022年は、現代の時計において最も人気のある重要なタイムピースのひとつが誕生から50周年を迎えるのである。もちろん、ジェンタはロイヤル オーク以外にも多くの作品で知られている。パテック フィリップのノーチラス、ユニバーサル・ジュネーブのポールルーター、オメガのコンステレーション、ブルガリのブルガリ・ブルガリ、カルティエのパシャの1985年版、そのほか、ヴァン クリーフ&アーペル、ハミルトン、セイコー、タイメックスといったメーカーのあまり知られていない数多くの時計に彼の痕跡を見ることができるのである。

また、彼は1969年には自身のブランドを立ち上げ、レトログラード表示や高度な複雑機構、ディズニーとのコラボレーションなど、さまざまなタイムピースを発表。今回の「Icon of Time Sale」では、ジェンタの多彩なキャリアからこれらの要素がすべて集約され、表現されている。2月にジュネーブで開催されるセールでは、ジェンタのロイヤル オークのオリジナルデザイン、そしてこれまで公開されていなかった非常にクールな6面体のデザイン原案を見ることができる。3月に香港で行われるセールでは、ノーチラスのオリジナルデザインに加え、1995年に発表され、世界で最も複雑な腕時計のひとつとされたジェンタのグラン・ソヌリのためのみっつのデザインも展示される。また、4月開催のニューヨークセールでは、ジェンタのディズニーウォッチ「ファンタジー」コレクションに使用されたデザインも展示される予定だ。どの時代のジェンタの作品であっても、あなたのお好みのものが見つかるだろう。

【関連記事】:https://fashion688.seesaa.net/

コメント一覧

1kopiニュース提供 URL 2021年12月30日(木)15時37分 編集・削除

【新聞ファッション ニュース】の連載内のコラム・インタビュー・ギャラリー記事などをご紹介いたします

新作を見てきました! URL 2021年12月30日(木)22時19分 編集・削除

女性編集者がレディースウオッチの新作を実際に見て、感想を交えて紹介する本企画。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー