記事一覧

パテックフィリップ ティファニーブルー 「ノーチラス」Ref.5711は常に購入困難な時計

Ref.5711の発表から数年後にパテック収集の世界に入ったアル・ゼライー氏にとって、Ref.5711は常に購入困難な時計であり、パテックフィリップ スーパーコピーが大物を売るために目の前にぶら下げ、ご褒美として与える時計」であった。しかし、それでもRef.5131[ワールドタイム]に次ぐ存在であり、当時はより大きなご褒美であった。

パテックフィリップ ティファニーブルー 「ノーチラス」Ref.5711/1A-018

自動巻き(Cal.26-330 SC)
30石
2万8800振動/時
パワーリザーブ約45時間
SSケース(直径40mm)
120m防水

リアドン氏は、オークションの結果がRef.5711の小売価格を大きく上回るようになった2013年を転換点として指摘した。また、この時計が異なるタイプの購買層を引きつけていることにも気づいたという。ノーチラスの“ウェイティングリスト”という概念が一般的になったのもこの頃だ。パテック フィリップのブティックに入っても、ノーチラスを買って帰ることはできない。数カ月は待たされる。そして、やがて数年後になった。2019年には、8年から10年待ちという報告が普通になっていた。

「主に若い男性顧客が今すぐ手に入れたいと考え、伝統など気にも留めなかった」とリアドン氏は言う。「資金力、権力、即効性。このテーマは過去10年間浸透しており、ノーチラスが欲しければ、いくらかかろうとも手に入れたいと思うようになったのです」

ノーチラスは、時計収集の闇の面、そして真面目な人にとっては社会の闇の象徴のような存在になってしまった。

2013年に何かが始まったにせよ、パンデミック(世界的大流行)の時のようなことはなかった。ポケモンカードから暗号通貨まで、持つ価値のある、あるいは持たない資産のほとんどで起こったのだ。何も時計に限った話ではない。小売価格がその10分の1であるスティール製の時刻表示のみの時計に20万ドルを支払うことは、パンデミックの最中に人々が始めた最もバカげたことではないが、確実にその上を行くものだった。

現在、私たちは最高額更新が過去になりつつあるが、それは二次流通相場が恐ろしくバカげたものから単にバカげたものへと下がったことを意味するに過ぎない。しかし、将来を考える前に、他のRef.5711について考えてみよう。

コメント一覧

秋冬トレンドカラー URL 2022年11月17日(木)19時30分 編集・削除

今年の5大流行色&コーデを徹底レクチャー

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー