記事一覧

最も身近なラグスポ、オーバーシーズ42050/423A-8472

2021年がオーバーシーズの転換期といえますが、スーパーコピー時計その頃から第1世代は100万円以上という水準になっています。

逆にいえば、2021年頃まで、第1世代のオーバーシーズは100万円以下といった価格帯で購入可能だったわけですが、いったいどのような水準だったかというと、ミディアムサイズの自動巻は60万円台といったところでした。

第1世代オーバーシーズの男性用には、“ミディアムorラージ”、“自動巻orクォーツ”という選択肢があり、それぞれに白、青、サーモンピンク、黒、黒(アラビア)文字盤などが用意されています。

2021年頃までの第1世代オーバーシーズ水準は、ラージ(自動巻)が70万円台と80万円台をいったりきたり、ミディアム(自動巻)が60万円台後半程度、クォーツは50万円台から60万円台前半といった傾向でした。

それが、現在水準を見ると、クォーツでも100万円以上という水準。ようやく、「ラグスポ御三家」らしい価格帯になったといえます。

では、ミディアムの自動巻はどうなっているかというと、白文字盤の現在水準は、約133万円。

転換期となった2021年春のラージ水準が100万円を超えたといったところだったことを考慮すると、なかなかな評価となっている状態です。

ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ スーパーコピーオーバーシーズ クロノ 49150/B01A-9745

型番 49150/B01A-9745
商品名 オーヴァーシーズ
ムーブメント 自動巻
材質名 ステンレス
タイプ メンズ
文字盤色 ブルー
ケースサイズ 42
機能 クロノグラフ
デイト表示
商品番号 vacheron201501

この42050/423A-8472は、2015年8月時点で約69万円となっていましたが、その後紆余曲折あったものの、基本的にはそれぐらいの価格帯が、ミディアム自動巻(文字盤問わず)の水準だったといえます。

それが、今や130万円台となっているわけですが、これは2018年頃までのロイヤルオーク14790STと同じぐらいにまで到達したといえます。

なお、この130万円台という水準、ノーチラス、ロイヤルオーク、オーバーシーズといったいわゆる「ラグスポ」の中で最も安価(機械式としては)といえるわけですが、これが、今における、最も身近なラグスポだといえます。

130万円台という価格だけを見ると「高い」と感じる反面、他のラグスポ水準、特に1000万円や2000万円を超えているノーチラスやロイヤルオークなどを見ると、ずいぶん安く購入可能なラグスポであるという感覚になります。


【関連記事】:世界の最新ファッションやコレクションをはじめ

コメント一覧

ヴァンクリーフ 激安 URL 2022年04月14日(木)13時38分 編集・削除

なぜ、ヴァン クリーフ&アーペルのジュエリーに憧れ、惹きつけられるのか。