記事一覧

5桁ロレックスとは異なる水準、オーバーシーズ42042/423A-8872

アップロードファイル 67-1.jpg

2021年から目立った上昇となっているオーバーシーズですが、今年になって現行モデルは『3月まで上昇⇒4月頃からは下落』といった様子となっています。

それに対して、旧世代は『下落』という様子をあまり見せておらず、現行とは異なる値動きをしている状態です。

この42042/423A-8872は、第1世代の白文字盤ラージサイズでありますが、この時計、2018年12月時点では約69万円で購入可能でした。

当時といえば、ノーチラスに続いてロイヤルオークの評価も高まっていた時期ですが、オーバーシーズは全く反応しなかったため、第1世代はラージ自動巻でも“5桁ロレックスと同水準”といった価格帯だったわけです。

そんな42042/423A-8872ですが、現在では「ラグスポな評価」がなされているといえ、5桁ロレックスとは異なる水準になっています。

オーデマピゲ 15707CB.OO.A010CA.01 ロイヤルオーク オフショアダイバー CE 白文字盤 自動巻き ラバー


仕様日付表示/Date
回転ベゼル/Time Lapse Bezel
エスケープバルブ/Helium Escape Valve
シースルーバック/See-Through back
ムーブメント 自動巻き/Self-winding
Cal.3120 パワーリザーブ約60時間 振動数:毎時21,600振動/時間 石数40石
ダイアルカラー シルバー/Silver
防水性 300m
材質(ガラス) サファイヤクリスタルガラス/Sapphire Crystal glass
材質(ケース本体) セラミック/Ceramic
材質(バンド) ラバー/Rubber
サイズ(ケース幅) 42mm
ホワイトセラミックケースのロイヤルオークオフショア ダイバー
ロイヤルオークらしい8角形のベゼルの内側に
ダイバーズウォッチ最大の機能である回転ベゼルをセット
ホワイトゴールド製インデックス&針の採用などにより
オーデマピゲが持つ高級感を見事に表現しています

このラージ白文字盤(自動巻)は、現在約186万円という状態ですが、同じ“白文字盤+自動巻”という組み合わせのミディアムサイズは、昨年10月時点で160万円台となっていました。

また、同じラージでも青文字盤となると、現在240万円台といった様子がみられます。

2020年以前だと、オーバーシーズの第1世代において「青文字盤が評価される」という現象は見られなかったといえますが、現在ではすっかりラグスポらしく「青文字盤が特に高い」という傾向があります。


【関連記事】:高級腕時計でありながら実用時計と位置づけるロレックスの時計は

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー