記事一覧

楽天出身者たちがデザイナーズに特化したリユースECモールを立ち上げ

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpgアップロードファイル 12-3.jpg

LOOP(東京都、増汐義信・社長)は1月11日、デザイナーズブランドに特化したリユースECモール「オアノット(OR NOT)」をローンチする。オープン時にはリンカン(RINKAN)をはじめとするリユース大手約20店が出店し、約550のメンズブランドのオンシーズンの商品からアーカイブ品まで新品、中古品を取り扱う。EC以外のオリジナルコンテンツを充実させて、ブランドの世界観を表現して差別化する。言語は日本語の他、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語に対応し、海外発送も行う。

目玉のオリジナルコンテンツはインタビューやコラムなどの読み物から、スタイリストによるブランドやシーズンをミックスしたコーディネート企画などを掲載する。サイト上のイベントとして著名人の私物出品も実施するなどエディトリアルとECを連動。オープン時にはファッションディレクターの小木"Poggy"基史や、「サルバム(SULVAM)」の藤田哲平デザイナーのインタビューなどを掲載する。ブランドフォーカス企画では、1月は「シュプリーム(SUPREME)」、2月は「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」、3月は「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」を特集予定だ。「OR NOT」のロゴはドイツ拠点のアートディレクターのリカルド・フェロル(Ricardo Ferrol)が担当した。

LOOPは18年4月に楽天出身者らが立ち上げたプラットフォーム開発を行うITベンチャー。増汐代表は楽天市場で西日本エリア営業統括を経て、アクセンチュアのコンサルティング・マネジャーを務めた人物だ。

増汐社長は立ち上げについて「新作だけでなく“あのシーズンのあの商品”であるアーカイブを求める人は多い。多くのブランドの新品から名作がそろえられるのはセカンドハンドだからできることだ。他社のリユースモールは価格競争が激しい他、検索時に関係のない商品がヒットするなどノイズの量が多く、本物を探すのにストレスがかかる。それを洗練された見せ方で、適切に商品を表現することが必要だと考えていた。アーカイブ品には深いストーリーがあるので、それを知る著名人が語るインタビューや、従来の雑誌では実現できないシーズンやブランドミックスも楽しみいただけるようにした。将来的には出店者に国内外のデザイナーズブランドも巻き込んでいきたい。19年上旬には同じブランドが好きな人同士をつなげるコミュニティー型のSNSアプリを立ち上げる」と話す。

「エコーズ ラッタ」のデザイナー2人に聞く「アグ」とのコラボ

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpg

アメリカ・カリフォルニア発の「アグ(UGG)」は昨年、ブランド設立40周年を迎えた。これを記念し、「ヘロン・プレストン(HERON PRESTON)」や「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」「サカイ(SACAI)」「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」など、米国内外のさまざまなブランドとのコラボレーションを発表。直近の2019-20年秋冬のコレクションサーキットでも数々発表しており、そのうちの1つがニューヨークを拠点とする「エコーズ ラッタ(ECKHAUS LATTA)」とのコラボだ。同ブランドは、“美大のハーバード”と称されるロードアイランド・スクール・オブ・デザインで出会ったマイク・エコーズ(Mike Eckhaus)とゾーイ・ラッタ(Zoe Latta)の2人が11年に設立。意外性のある素材を組み合わせたり、工業用倉庫でランウエイを発表したりと、枠にとらわれない活動を見せてきた彼らと「アグ」はいったいどういう経緯でコラボし、アイテムを製作したのか。エコーズとラッタの2人に話を聞いた。

そもそもブランドを立ち上げた理由は?

エコーズ&ラッタ:ファッションというジャンルで自分たちのアイデアをいろいろな人たちと共有したいという思いから立ち上げた。
デザインのインスピレーションは何から得ている?また、デザイン時には何を意識している?

エコーズ&ラッタ:物事を考えすぎないようにすることを重要としていて、何か1つのテーマを決めてデザインをしたことはない。コレクションは自分たちとチームのメンバーとの間の有機的なプロセスから生まれる。インスピレーションはかなり直感的で、たとえ後ろを振り返ることであっても成長できると信じているから、直前の仕事の影響を受けることが多い。

デザイナーとして大切にしていることは?

エコーズ&ラッタ:常に柔軟でいること。デザインとは流動性を与えることでより豊かになる。あとは、編集を明確にすることと、移り気になりそうな衝動と闘うこと。

これまでニューヨーク・ファッション・ウイークには何度か参加しているが、ニューヨークでショーをやり続ける理由は?

エコーズ&ラッタ:ニューヨークはブランドが生まれた地で、われわれの大きなコミュニティーがあり、彼らと一緒にショーを作り上げることが大好きだから。ニューヨークには居場所がある。
枠にとらわれない活動で知られるが、ランウエイでたびたびプラスサイズモデルを起用する理由は?

エコーズ&ラッタ:「エコーズ ラッタ」を着る人は決して同じタイプの人たちだけではないから、さまざまな人種や体形のモデルを起用した。洋服は、さまざまな人たちに着てもらうことで命が吹き込まれると思っている。

19-20年秋冬コレクションで「アグ」とのコラボフットウエアとアウターを披露したが、協業の経緯は?

ラッタ:「アグ」は他に類を見ないオリジナリティーを持つカリフォルニアブランドで、協業以前から興味があったし、何より私が10代の頃に履いていた。「アグ」の代表的なブーツは、もともとはカジュアルなアイテムだったからリラックスしたライフスタイルが反映されていて、今ではファッションシーンを代表するアイコンになっている。このブーツにわれわれのエッセンスをプラスできることに魅力を感じて協業を決めた。

“ブロック ブーツ”を着用したモデル。「エコーズ ラッタ」2019-20年秋冬コレクションから
“ブロック ブーツ”からはクラシックブーツのDNAが感じられる。

エコーズ&ラッタ:「アグ」のクラシックブーツは、ファッションに興味があるないかにかかわらず、多くの人たちのワードローブの定番になっている。この普遍的なシューズであるという側面が気に入り、クラシックブーツにとっての本物とは何かを、「アグ」と「エコーズ ラッタ」で創り出したいと思ったからそう感じるのだと思う。

どのようにしてブランドらしさをフットウエアに落とし込んだ?

エコーズ&ラッタ:直感的なプロセスに従いながら試行錯誤を繰り返すことで、「エコーズ ラッタ」らしいデザインにたどり着いた。

「エコーズ ラッタ」2019-20年秋冬コレクションのフィナーレに登場したゾーイ・ラッタ(左)とマイク・エコーズ
WWD:協業して実感した「アグ」の魅力は?

エコーズ&ラッタ:先にも話したが、「エコーズ ラッタ」はテーマを決めてデザインをすることはない。しかし「アグ」の確立された伝統をベースにすることが、われわれにとっての新しいアイデアの出発点となった。「アグ」はわれわれのアイデアをしっかりと理解し、期待以上のレベルで形にしてくれた。

「アグ」以外にもさまざまなブランドとコラボしてきたが、コラボのメリットは?

エコーズ&ラッタ:自分たちとは異なる視点を持つ人々と一緒に仕事をすることができる。さまざまな見方や考え方をする人々と仕事をすることで、予想外の結果につながる。

エコーズ&ラッタ:着実に成長を続けながらも、デザインやブランドの精神で妥協しなかったこれまでの道のりを大切に思っている。だからこそ、これまでと同じように成長を続けていくことができればと思っている。

バーゼルワールド⑤-「アクアレーサー・ナイトダイバー」WAY108A.FT6141

アップロードファイル 6-1.jpg

夜光はインデックスだけという固定概念を覆したのが「アクアレーサー・ナイトダイバー」。チタンケースにブラックPVD加工を施したこのモデルは非常に軽い。

文字盤自体が夜光になっており、暗闇でも抜群の視認性を誇ります。

品番:WAY108A.FT6141
ムーブメント:自動巻きキャリバー5
ケース素材:ブラックPVD加工を施したグレード2チタニウム
ケース径:43mm
防水:300m
4月販売予定

予定価格:¥225,000+税

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ